カシミヤベビー服専門店okurimo



カシミヤベビー服専門店 okurimono




「生まれてきてくれてありがとう」の気持ちをこめて贈りたい、高級カシミヤ100%のベビー服  

カシミヤの暖かさに、贈る人の特別な想いをのせてプレゼント  

喜ばれる出産祝いとして、選ばれています





カテゴリー


カートの中身

カートの中を見る

ご利用ガイド


















       カシミヤのおともだちリンク













カシミヤのお手入れ方法


■日々のケア
 
日々のケアはブラッシングで十分です。おすすめは馬のお尻の毛のブラシ。繊細なカシミヤにやさしく、しっかり皮脂を取ってくれます。また、ブラッシングは出来始めの毛玉を元に戻す効果があります。
 
もし毛玉ができてしまったら、ひっぱらないでハサミで切り取りましょう。そのときは、本体まで切ってしまわないようにご注意ください。
 
汚れや食べこぼしが付着したときは、洗濯またはクリーニングが必要です。
 
 
■保管と防虫
 
羊毛などと一緒に保管していても、カシミヤが最初に虫食いにあうと言われています。保管の際は、湿気を避け、防虫剤を使用しましょう
 
まずは家の中に虫を入れないことが大切。成虫は庭の花などにいますので、外に出たあとはよく払います。保管場所は低い所より高いところ、1階より2階のほうが被害が少ないといわれています。
 
アイロンのスチームには、虫の卵を孵化させない効果があります。アレルギーなどがあって防虫剤が使えないかたに、この方法がおすすめです。ふんわり感をなくさないよう、プレスせず、そっと当てるようにしてください。
 
 
■防虫剤を使うときの注意点
 
防虫剤には大きく4種類あります。臭いのある防虫剤は、混合して使ってはいけません。
 
◆無臭のもの
1.ピレスロイド系
最近主流なのがこのタイプ。臭いがないので、タンスなどから取り出してすぐに着用できるのがメリット。衣類全般に適しています。唯一これだけは、他の防虫剤成分と一緒に使うことができます
 
◆臭いがあるもの(要注意)
1.ナフタリン
効き始めが遅いものの、長持ちするという特徴があります。長期間効果が持続するので、フォーマルウェアなどの頻繁に着ない衣類や毛皮、皮革製品に向いています。
 
2.パラジクロロベンゼン
揮発が早く、消耗も早い。虫のつきやすいウールや絹製品に向いていますが、3ヵ月程度で補充する必要があります。50度以上になると溶けてシミになることがあります。
 
3.ショウノウ
くすのき由来の自然の穏やかな香りで、古くから着物などの保管に使われています。効力はナフタリンとパラクロロベンゼンの中間くらい。匂いがなかなか取れないデメリットも。
 
 
防虫剤は通常、薬剤が直接気体(昇華)になります。ですが、臭いのある防虫剤【例:パラジクロロベンゼンとショウノウ】を混合して使うと、凝固点が下がって薬剤が溶けだして油性のシミになることがあります。
 
少しでも成分が残っていると反応することがありますので、臭いがするときは要注意。完全に臭いを消してから別な種類のものを使ったほうが無難です。


■洗濯

ドライクリーニングのほか、手洗いも可能です。

水温は必ず30℃以下をお守りください。ウール用洗剤やシャンプーで、摩擦を避け、優しく1枚ずつ、短時間で押し洗いします。

洗濯機の手洗いモードでも大丈夫です。ただし他の洗濯物と一緒に洗うのは絶対に避けてください。摩擦を生じると縮みの大きな原因になります。


30℃以上の高い水温では、カシミアのキューティクルが開きます。そこに摩擦が加わるとキューティクル同士が絡み合い、縮む原因になります。温度と摩擦に気をつければ、縮むことはありません。 

部分的な目立つ汚れは指でもみ洗い、それでも取れない汚れは汚れと言うより染みと思ってください。たんぱく質が変化してシミ化したのは洗濯の範囲を超えた専門家の領域ですので、洗っても取れません。

洗い終わったら柔軟剤をかけ十分にすすいでください。

その後、キチンとたたんで
脱水機にかけ、完全に水気を取ってください。水気を取ることで、型崩れしにくくなります。

脱水の後は、形を整えてバスタオルの上などに
平干します。半絞りの状態で吊るして干すと、水分が下のほうに溜まってその重みで伸びてしまい、乾くとその伸びた状態が定着します。

乾燥機に入れると熱風でフエルト現象を起こして縮んでしまいます。熱風乾燥機は厳禁です。

手洗いには、経済的なメリットのほかにもおすすめしたい理由があります。それは、洗うたびに味わいがでるから。そうやって着続けることで、カシミヤ素材はやわらかくいい状態になっていきます。天然素材の欠点を知り上手に付き合うことで、ぜいたくな時間を味わっていただきたいと思います。