Okurimono:赤ちゃんのためのファッション

赤ちゃんはかわいいです、そして何が彼らをより愛らしいものにしますか?彼らのベビー服です!乳幼児用の小さな服や靴に夢中になるしかない。そのため、赤ちゃんがいるときは、子供用のベビー服を幅広く購入するのは非常に魅力的です。 

とはいえ、ベビーファッションはまったく意味がありますか? Okurimonoはこのトピックに飛び込み、ベビーファッションが必要かどうかなどを調べます。以下で見つけたものをチェックしてください!

ベビーファッションの簡単な背景が

:ベビー衣料品の年齢の範囲にすることができる幼児のために作られた衣服です

  • 早産 
  • 、0〜3ヶ月 
  • 、3ヶ月から6ヶ月 
  • 、6ヶ月から9ヶ月 
  • 、9ヶ月から12ヶ月 
  • Okurimono:、、12ヶ月から18ヶ月 
  • 18か月と 
  • 24か月。 

ベビー服のサイズに関する確固たる基準はありませんが、ほとんどの小売業者は、子供の体重、身長、またはその両方に基づいてチャートをサイズ設定しています。ただし、通常は色(女の子の場合はピンクまたは黄色、男の子の場合は青または赤)または女の子の場合はフリルやパフスリーブなどのスタイルで性別が分類されます。

子供の体重と身長のパーセンタイルは、赤ちゃんの衣服のサイズを適切に設定するためにも使用できます。快適さ、機動性、アクセスのしやすさは、ベビーファッションの主要な側面です。 

ベビー服は子供の通常の動きや成長を妨げてはならないことに留意する必要があります。また、睡眠中に快適な姿勢をとったり、姿勢を変えたりできるようにする必要があります。 

今日、ベビーファッションは社会文化的な消費者の習慣であり、私たちの社会的構成要素の多くは子供服に固定されています。また、人々の間の社会階級、豊かさ、性別、または民族性の対比によって定義されるシステムを示しています。

奥物物:ベビーファッションは必要ですか?

最も基本的な意味では、衣服は私たちの性的な違いを互いに隠すために使用されますが、衣服のコードで私たちの性別を推測することもできます。 

あなたの子供の服装が人々があなたの赤ちゃんと相互作用する方法に影響を与えるので、同じことが赤ちゃんのファッションにも言えます。この構造化されたシステムは、これらのジェンダーの社会的アイデンティティを私たちの社会で無傷に保つ重要なツールです。

とはいえ、ベビーファッションは他の便利な目的にも役立ちます。欧米諸国では、赤ちゃんは日中とナイトウェアの両方でボディスーツとベビーグロウを着用して暖かく保ちます。お子さんが授乳中に大きな混乱を起こさないようにするためのよだれかけなどのアクセサリーもあります。 

お子さんは、特定の衣類素材、特にポ​​リエステル、レーヨン、ナイロンなどの合成繊維、およびウールなどの天然繊維に対してアレルギー反応を起こす可能性があります。また、赤ちゃんの衣服の火災の危険性についても考慮する必要があります。過度の断熱、乳幼児突然死症候群、先天性股関節脱臼などの健康上のリスクについても、注意が必要な報告があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です