カテゴリー: Blog

あなたの子供のための品質カシミア

あなたの子供のための品質カシミア

あなたの子供のための高品質のカシミア

あなたの小さな愛する人となると、彼らは常に最高に値します。あなたの子供のために少ないために解決しないでください。彼らに最高のオークリモノの服を与えてください。

この秋と冬のシーズンに向けて、子供に最高級のカシミヤの服を着せましょう。最高級の天然繊維から作られた高品質の服を彼らに与えることほど、「私はあなたを愛しています」と言うものはありません。 Okurimonoブランドは、最高のものだけを調達した持続可能な素材で作られた時代を超越した作品を作ることを約束します。

注目のカシミヤ製品

私たちの最新コレクションは、その独特の品質を誇っています。私たちは細部にまで細心の注意を払い、お子様が既製服を快適に着用できるようにしています。在庫がなくなる前に必ず購入してください。 

すべての製品が100%カシミアで作られていることを保証します。この秋と冬の赤ちゃん向けのベリーウォーマーデザインには、特別限定版があります。

ジョイギフトセットのバンドル

このギフトセットには、ジョイコレクションのバンドルから赤ちゃんに人気の必需品がすべて含まれています:

  • 1ブランケット
  • 1ロンパー
  • 1カーディガン

ジョイカバーオールとカーディガンのバンドル

このカバーオールは、かわいいフリルの襟でどんな赤ちゃんにも似合います。衿に刺繍されたひまわりが特別なタッチを加えます。

ブルームロンパース

この美しいロンパースは、繊細で柔らかな魅力を放ちます。ベビーピンク、パウダーブルー、アイボリーホワイトの3色展開。

スマートカーディガン

重ね着に欠かせないアイテムです。軽量で用途の広いこのVネックトップは、どんな装いにもぴったりのアドオンです。 

スカイハットとスカーフのセット

これはそれ自体が素晴らしい贈り物です。この完璧なペアは、赤ちゃんを一日中ぴったりと暖かく保ちます。

腹巻きウォーマー

大胆なカラーとクリエイティブなデザインのベリーウォーマー。各作品は限られたデザインで提供されます。

カシミヤウール

豪華な生地となると、カシミヤウールに勝るものはありません。とても柔らかくて軽いです。秋冬シーズンに赤ちゃんを暖かく快適に保つのに理想的な生地です。それは、中国、インド、モンゴル、および他の場所で見つかったカシミヤヤギとパシュミナヤギから来ています。他の種類のウールとは異なり、カシミヤウールは剪断することも、梳かすこともできます。

カシミヤの特徴カシミア

をご存知だと思われるかもしれませんが、生地のこれらの特徴が人気を博しています。今日私たちの店からカシミヤ製品を購入してください。

  • 暖かいです。 

この素材は完璧な断熱を提供します。体を暖かく保つのに優れていますが、赤ちゃんが身に着けている間、豚のように汗をかくことはありません。

  • 軽量です。 

厚さは保温のための最良の指標ではありません。ほとんどの生地よりも軽いにもかかわらず、他のヘビーウールタイプよりも優れています。冬の使用に最適です。

  • とても柔らかいです。

カシミヤのシルクのような柔らかな風合いは、誰もが贅沢な気分にさせてくれます。本物のカシミヤを肌に感じるのは本当に嬉しいことです。

  • 丈夫です。

あなたがそれを適切に世話するならばそれが何年も続くことが保証されているので、今日1つに投資してください。

私たちの実店舗で私たちの排他的なデザインの詳細を参照してください。あなたの子供に豪華なカシミアの贈り物をしてください。

昆虫採集と標本つくりを体験してきました

昆虫採集と標本つくりを体験してきました

北海道の上士幌町糠平温泉にある「ひがし大雪自然館」で

昆虫採集と標本作りを体験してきました。

SANYO DIGITAL CAMERA

子どもが夏休みに入ってからというもの

学童保育に行っていないわが子とは

毎日濃厚な時間を過ごしています。

預かり保育もあって、なにかと融通がきいたのは幼稚園時代のほう。

よほど自分の時間がとれたのに。

これが小1の壁なんですね・・・。

ただし、悪いことばかりではありませんでして

子どもに付きあっているつもりで

実はその、わたし自身が子ども時代をやり直しているようなところもあります。

先日は、昆虫採集と標本つくりを体験してきました。

北海道の上士幌町糠平温泉にある「ひがし大雪自然館」で開催された

専門家によるワークショップ。

非常にクオリティが高く

はじめて体験するものがこれとは、わが子ながら羨ましい。

実は受講にあたってひとつ心配していたことがありまして。

標本にするということはその場で殺すことですから

いろんな意味で大丈夫だろうかと。

で、心配は杞憂に終わりました。

虫を捕まえるときから、無益な殺生はしないよう注意を受け

多く採りすぎた虫を逃がす場面もありました。

怖いとか気持ち悪いとか、自分で標本にできないなら最初から採らない。

標本にするときは、苦しまないように素早く殺虫することや

いただいた命を大切に扱うことなども、手を動かしながら学んでいきます。

SANYO DIGITAL CAMERA

当たり前のことなんですが、こういったことを学ぶ機会はそうありません。

息子がとったバッタのお腹には卵が入っていました。

「メスは卵を産むから取っちゃいけなかった」

彼なりに感じたことがあったのでしょう。

命をいただくことで、逆に命の大切さを知る。

きれいごとではないから、学びが深いです。

プロのワークショップは違うね、と思った次第。

心配していたこととは別次元で得るものがたくさんありました。