カシミヤニット、ファクトリー見学レポート

カシミヤベビー服専門店 okurimono

「生まれてきてくれてありがとう」の気持ちをこめて贈りたい、高級カシミヤ100%のベビー服  

カシミヤの暖かさに、贈る人の特別な想いをのせてプレゼント  

喜ばれる出産祝いとして、選ばれています

カシミヤニットができるまで 日本のカシミヤブランドUTOのファクトリーレポート

                             2014年11月29日

念願だったカシミヤニットのファクトリーを見学してきました。岩手県北上市に
ある株式会社UTO【ユーティーオー)の自社工場。当店人気の「天使のブランケ
ット」を作っているところです。

株式会社UTOは、自社で一貫して企画・製造・販売をする数少ない国内メーカー
であり、世界で唯一ニットのセミオーダーを手掛けているブランドでもあります。



創業者の宇土寿和社長は、かつて旅行業界で海外を飛び回るお仕事をしていまし
た。そのときニット業界の人たちの為のロンドン、パリ、ミラノなどのリサーチ
ツアーを企画したことがきっかけで、ニットメーカーに転職。
 
日本国内をはじめとして世界各地の工場を訪問し、生産を経験したのちに独立し
た際に、厳しい業界での生き残りを賭けてカシミヤに特化し、業界の非常識と言
われたオーダーニットを始めました。
 


なぜオーダーニットは業界の非常識なのかと言うと、ニット生産の基本は大量生
産だからです。製造工程は編立、縮絨、セット、裁断、縫製・リンキング、加工
仕上げなどに分かれ、それぞれに専門の業者さんがいる分業システムで成り立っ
ている業界なのです。


 
こうすることで、生産時間はかかるものの、効率よく大量に安く作ることが可能
になるのですが、良いものを少量作るには圧倒的に不向きなシステムでした。



そんな業界の事情から、創業時、オーダーニットをやりたいと日本各地のニット
産地をお願いして回っても、どこも首を縦に振ってくれず、全ての工程を一貫し
てできる生産工場を自ら作ることになった。その工場が今回見学した「世界に誇
るメイドインジャパン」と称されるカシミヤニットを作るファクトリーです。



世界に誇るメイドインジャパンが生まれる工場は、こんなにのどかな田園地帯の
中にありました。一転して工場の中は、機械音の喧噪に包まれます。



自動編機が3台稼働中。繊細で高度な熟練作業を担うのは、意外にも女性たち
(小原さん、小松さん、伊藤さん、玉澤さん、高橋さん)でした。



遠藤工場長はこの道50年の大ベテラン、この方なくしてUTOのカシミヤはありま
せん。



1.プログラミング
全てのニットはこの自動編機によって、プログラミングからスタートし、編み立
てられます。



このSHIMAという編機、世界的に有名で大変高価なものです。嬉しいことに日本
製。こんなところにも世界に誇るメイドインジャパンがありました。



プログラムデーター作製は専用コンピューターで行います。フルオーダーの場合
はゼロから作成するため、1週間ほど時間がかかるそうです。




2.編立
動きだすと巨大プリンターのような自動編機。



上には糸がセットされ、中で機械が左右に動き、編みあがったニットが機械の下
から排出されます。





3.リンキング
ニットの端を縫ってとめる”リンキング”という行程です。



ニットの端を広げて、正確に細かい突起に網目を刺していきます。
難易度が高く熟練の技が必要とされる作業を任されているのは、この小松さん
だけ。



これは「7ゲージ」といって1インチ(2.5センチ)に7本ある細かいもの。


刺した後はミシンのように針で縫います。円にそって針が動いていきます。



ピンクのいちばん上が留め縫い(リンキング)された場所です。体験させていた
だいた中で、いちばん繊細で神経を使う行程でした。



4.縮絨(しゅくじゅう)
ニットを強制的に縮ませる”縮絨”という行程です。



この工程を経ることで、堅くてゴワゴワ感があるニットが、乾燥後にはふんわり
と柔らかな、カシミヤ特有の風合いに変化します。

普通の洗濯機に専用洗剤と柔軟剤をいれ40度の湯で洗います。惜しげもなく公開
してくださいましたが、企業秘密とも言える洗濯条件を出すのに、どれほどの苦
労があったことでしょうか。



天井には、洗濯後のニットが所狭しと干されています。乾燥機を使って短時間で
乾燥させるのが一般的ですが、UTOでは自然乾燥させています。時間も手間もか
かりますが、カシミヤにとって最も優しい方法だからです。



5.縫製
マフラーを縦長に折ってミシンで仮縫いします。



後で外しやすくするため摩擦の少ないナイロン色を使用。整形のためにマフラー
は一時的に筒状になります。



6.仕上げ
スチームによる整形です。



筒の中に金属製の枠を入れて、マフラーを均等に伸ばします。そこにスチームを
かけて形状を記憶させます。寝癖を直すような感覚ですね。



7.内職
仮止めの糸と、白い捨て編み部分をカットします。



この白い”捨て編み”もカシミヤです。希少性が高く高級品の代名詞でもあるカシ
ミヤは、製作過程も贅沢です。



最後に、余ったカシミヤの糸をニットの中に埋め込みます。



8.たたみ
ニットの毛羽立ち、ゴミなどを丁寧にテープで除去します。



綺麗にたたみ梱包袋へ



最後に検針器を使用して針混入がないかを確認。もちろん今まで針が入っていた
ことはないそうです。そしてついに完成。



9.天使の糸(番外編)
当店で人気の「天使のブランケット」に使われている糸には、名前の由来である
天使の羽毛のような軽やかさを実現するために、随所に技がちりばめられていま
す。これがそのひとつ。



ワックスです。



完成された糸を機械で引っ張り出して、また巻き戻す。その過程で糸にワックス
を塗り、滑りを良くしています。



通常は双糸といって糸を2本どりしたものを使いますが、天使シリーズは単糸
(1本)でスカスカに編むという非常に高度な技が用いられています。1本の糸は
弱くてすぐに切れてしまうため、こうやって滑りを良くする加工が成されている
んですね。





1枚のカシミヤマフラーを作るのに、これだけの手間暇が掛けられているとは想
像も及びませんでした。合理性や経済性だけを追求していては出来ないことばか
り。これが「世界に誇るメイドインジャパン」と称されるに至った信頼と実績の
背景でした。

今回のファクトリー見学で、「ブランドの本質はもの作りだ」という宇土社長の
哲学に、ちょっとだけ触れることができた気がします。問答無用で伝わってきた
UTOの姿勢に、ますますUTOブランド、UTOのカシミヤに愛着が湧いてきたのは
言うまでもありません。

このページのトップへ戻る
 

カシミア。それは何であり、何がそれを高価にします

驚くほど柔らかい。特筆すべきはナチュラル。非常に贅沢。

生地の世界では、カシミアは不屈の精神を持っています。ファッションやデザイナーズブランドの業界では、カシミアは非常に評価されています。手に入れられる時には手に入れることができる。ジャン・ボービーというフランスのジャーナリストが「よだれを垂らすなら、カシミアでよだれを垂らしたほうがいい」と言ったように、カシミアはファッションでもファブリックでも、この繊細な素材を使用しています。ファッションでもファブリックでも、このデリケートで天然の製品は、その優位性と高い基準のためにトップリストに入っています。

世界のカシミア市場は2018年に26億6000万米ドルに達したと報告されている。2020年から2025年にかけてますます成長すると予測されていました。この製品の名声と需要の高まりは、セーターやコートの製造に大きく見られ、次いでパンツ、ズボン、ティーの製造に続いています。クリスマスが近づくにつれ、カシミアの服はホリデーギフトの定番となっています。

このページでは、カシミヤに関するあらゆることをご紹介しています。カシミアとは何か、なぜ人気のある商品がとても高価なのかをご理解いただくためのお手伝いをさせてください。このページでは、以下のトピックをご紹介しています。お探しのものが見つからなかった場合、またはご質問やご意見がある場合は、カシミアの服についてのオープンな議論を楽しみにしています。 

  • カシミヤとは?なぜそれが望まれているのか?
    • カシミヤの歴史
    • ソース
    • そのタイプ
  • 何がそんなに高価なの?
    • どうやって作られているの?
  • カシミヤの服飾品はすべて本物で高品質なのか?
    • カシミヤのグレードの見分け方は?

カシミア。多くの人に望まれる理由

由来とソース

カシミヤは、柔らかくてふっくらとした繊維で、布地作りに重宝されています。生地には天然繊維と合成繊維の2種類があります。天然繊維の繊維は、天然資源から採取されたものです。自然や動物、植物から採取したものです。一方、合成繊維は人工的に作られたものです。その繊維は無機物、または天然と化学化合物の混合物です。

繊維が自然であればあるほど、それは高価になります。カシミアは、カシミアヤギやパシュミナヤギなどの天然素材を使用しているため、最も人気のある生地の一つです。この獣毛繊維は、羊から採取した羊毛に相当します。それぞれの繊維とは対照的に、カシミアの方がより柔らかく、軽く、断熱性に優れていることから、今でも好まれています。

カシミア」という言葉は、「カシミール」からきている英語です。カシミールは、現在のインド亜大陸の北部を覆う歴史的な地域です。この生地の製造は何千年も前から始まっていることは言うまでもありません。つまり、品種改良、生産、デザインの技術はすべて習得されているのです。

前述のヤギは、主にヒマラヤ山脈に分布しています。繁殖地は主に中央アジアに集中しており、中国とモンゴルはこの織物の主要な輸出国の一つです。しかし、現在では、ヨーロッパや北米の他の地域もこの分野に向かって進んでいます。これらの地域、特にヒマラヤ山脈では、気温が-30℃まで下がることがあります。このような寒さの中で、ヤギは非常に厚くて暖かい層を育てることができるのです。

カシミヤのカーディガンが198ドルの価値があると言われるほど貴重なものである理由は、その供給量が限られているからです。羊は最低でも3キロのウールを生産することができますが、カシミアヤギは最低でも200グラムのウールしか生産することができません。

ヤギの生産量の少なさに加えて、ウールは年に一度しか収穫できません。採取された繊維からは、油脂や汚れが取り除かれ、品質が厳しくチェックされます。

極端に言えば、限られた繊維量と優れた繊維特性、そして卓越した製織技術を持つカシミヤは、まさにデラックスな素材なのです。だからこそ、今ではカシミヤ100%を所有したり、身につけたりすることがステータスシンボルになっています。 

歴史

起源の明確な日付はありませんが、紀元前3世紀には歴史的な書物に記載されています。初期の頃は、その繊維(パシュム)は主に手作りの羊毛ショールに使われていました。この地域では、カシミアウールが広く使われるようになったのは14世紀になってからで、君主たちに与えられた主要な素材となりました。彼らは政治的、宗教的な場面でそれを使用しました。

世界的なカシミア生産の普及と発展には、古代の中央アジアとヨーロッパの交易が大きな役割を果たしていました。ヨーロッパへのカシミアの輸入は、ビジネスの繁栄をもたらしました。カシミールショールは、18世紀後半にスコットランドの織物生産者によって初めて紹介されました。その後、フランスやイギリスで流行しました。

現在では、中国、モンゴル、イランを中心に、アメリカ、イギリス、日本が主な生産者となっています。 

カシミヤの種類

カシミヤの違いは、品質の違いです。カシミヤは等級に基づいて分類することができ、等級はA、B、Cとあり、Aが最も高く、Cが最も低いものです。グレードは、繊維のミクロンに基づいています。測定値が大きければ大きいほど、それは低くなります。繊維が細ければ細いほど高くなります。カシミヤの毛の太さは、ヤギの環境や食生活に影響されます。厳しい寒さから身を守るために、ヤギは非常に細い毛を育てます。その結果、滑らかで長く、細く、密度の高いウールを手に入れることができるのです。

そのコスト。値段以上の価値があるのか?

カシミヤを所有する価値はあるのか?その答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

主にセーターやショール、ジャケットなどに使われる純粋なカシミアは、冬の季節を暖かくしてくれます。柔らかくて軽いのに、しっかりしていて保温性があるという対照的な特性から、多くの人に愛されています。

限られた供給と複雑な製造方法と一緒に、この生地の需要の増加に伴い、1つを購入する価値があるかもしれません。後者のように、ファブリックにこの繊維の製造には多くの作業が必要です。繊維は選別され、洗浄されます。その後、彼らは染色され、凝集を避けるために空気を入れています。滑らかさを保つために、優しく扱われ、織られていきます。薬品や乱暴な処理をしてしまうと、簡単に傷んでしまいます。

そうは言っても、私たちもまた、あなたに忠実でなければなりません。このウールについての攻撃が急増している中で、確かにその過程で害を受けるヤギはほとんどいません。カシミア農場では、梳毛と剪断のどちらかの方法でウールを収穫しています。前者の方がヤギにとってはストレスが少ないのですが、労力がかかります。そのため、はるかに早い第二の方法に頼ることになります。適切な剪断技術がなければ、農家はヤギを傷つけてしまい、重度の切り傷や怪我をする可能性があります。

このような事態に備えて、私たちのビジネスはこれらの動物を保護することを誓います。Les Tricots de Margotと同様に、私たちはカシミアウールの産地を十分に認識しています。私たちは消費者の皆様に、私たちの生地は持続可能なカシミア農園のものであることをお約束します。これらの産地は、倫理と安定性に裏打ちされた仕事をしているのです。カシミア製品を購入することは確かに価値のあることです。しかし、責任ある販売者として、責任ある購入者であることを強くお勧めします。私たちは、お客様に、他のカシミアビジネスの出所や方法を調査したり、質問したりすることをお勧めしています。

私たちは動物虐待のない仕事をしていることを約束していますが、私たちの製品の迅速な出荷を保証することはできません。前述したように、カシミアウールの収穫にはかなりの時間がかかります。それに加えて、私たちの製品はフランスからの輸入が第一です。

カシミヤのグレードを知る方法とコツ

カシミア繊維の生産量が少ないため、すべての「カシミアの服」が純粋なものであるとは限りません。他のウールや合成繊維と混ざっているものもあります。高品質のカシミアの服を確実に購入するために、以下にその品質を見極める便利な方法をご紹介します。

  • 手触りと感触。カシミアの生地は柔らかいと言いますが、それは間違いありません!指先で触ってみてください。指先で生地の心地よい柔らかさを感じてみてください。しかし、あまりにも滑らかすぎる場合は、化学薬品で処理されていることを示しています。純粋なカシミアは柔らかくてもしっかりしていることを覚えておいてください。
  • 伸ばしてみてください。ピュアカシミアはしっかりしているので、形をしっかりと保つことができます。また、糸が細かく編んであるかどうかをよく見てください。
  • 色にも注目してください。カシミヤの繊維は通常、染色されています。明るい色は、繊維がよく洗浄されていることを意味します。

カシミヤの手入れ

カシミヤと洗濯機・乾燥機は不協和音を発しています。カシミアの繊維は非常にもろいので、冷たい手洗いでしか効果はありません。乾燥させるときは、空気の力を利用してください。最後に、繊維は水に弱いので、頻繁に洗濯すると繊維を傷める可能性があります。汚れがなければ、干してまた着ることができます。

フォローしてください

当店は北海道釧路市堀川4-26にあります。当社のソーシャルメディアページ(FB, IG, Twitter)に「いいね!」をしたり、フォローしたりすることで、プロモやお買い得なカシミアベビー服など、当社の最新情報を見逃すことはありません。

ユーザー名 @okurimono.cashmere